アンカーピンニング エポキシ樹脂注入工法

外壁タイル下地モルタルの注入工法 アンカーピンニング エポキシ樹脂注入工法

エポキシ樹脂系注入材とステンレスピンを併用して、下地コンクリートと仕上げ材の接着を行い、剥離・剥落を防止する工法です。ダイニチでは、国家資格である「エポキシ樹脂注入施工技能士」による施工を行い、確実な施工に務めています。

工法の特長

タイルの張替え・モルタル塗り替え工事と比べ、工期の短縮 工費の短縮になります。

工法の用途

外壁タイルの下地モルタルの浮き注入補修※塗装外壁の下地モルタルの浮きにも効果的です。

標準設計価格

施工図

標準設計価格

仕様:アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法
条件:ステンレスピンを1㎡あたり16本使用、エポキシ樹脂注入
量1箇所あたり30g、施工数量100㎡以上
1㎡あたりの価格	12,000円

※足場仮設費、元請経費を含みません。
※ゴンドラ使用の場合は上記の20~30%UPになります。
※材料ロスは工種により10~20%程度含んでいます。